スポンサーリンク


2013年4月13日土曜日

【月々10万円】ハローワーク 職業訓練給付金の受給条件とは

【ハローワーク 職業訓練給付金の受給条件とは】

*2015年1月30日更新版。

職業訓練(求職者支援訓練)を授業料無料で受講しながら、さらに月々10万円の支援が得られるという職業訓練給付金(職業訓練受講給付金)。

求職中の人が、経済的な心配なく求職者支援訓練を受けられるようにという趣旨で支給されています。ですので、基本は「経済的に苦しい」という要件を満たす必要があるのです。

受給の具体的な条件は、以下のすべてを満たすことです。

〇 支給要件

1、本人収入が月8万円以下
2、世帯全体の収入が月25万円(年300万円)以下
3、世帯全体の金融資産が300万円以下
4、現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない
5、全ての訓練実施日に出席している(やむを得ない理由がある場合でも、支給申請の対象となる訓練期間の8割以上出席している)
6、同世帯の中に同時にこの給付金を受給して訓練を受けている人がいない
7、過去3年以内に、偽りその他不正の行為により、特定の給付金の支給を受けたことがない

詳細は、厚労省のPDFファイルをご覧ください。

・厚労省:求職者支援制度(PDFファイル)
  http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/kyushokusha_shien/dl/kyusyokusya02.pdf

また、同時に、求職者支援訓練の受講要件も満たしている必要があります。この訓練は、離職中の社会人で、雇用保険に入っていない人むけです。再就職の希望者なら、主婦やフリーターも条件に当てはまります。

具体的な条件は次のとおり。

〇 求職者支援訓練の対象

1、ハローワークに求職の申込みをしている
2、雇用保険被保険者や雇用保険受給者でない
3、労働の意思と能力がある
4、職業訓練などの支援を行う必要があるとハローワーク所長が認めている


【アルバイトしながら給付金をもらえるの?】

一定の条件を満たせば、バイトをしながら職業訓練給付金をもらうこともできます

給付金とアルバイトについては、当ブログの以下の記事をご覧ください。

【疑問解消】 職業訓練受講給付金とアルバイト


【窓口など】

行政の施策は、ころころ変わります。最新の情報を確認したい場合、窓口であるハローワーク(職安)に直接問い合わせてみることをおすすめします。

・厚労省のHP:ハローワークの住所と電話番号
  http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html


【facebookページのご案内】

facebookページも開設しています。よろしければのぞきに来てくださいね。

(facebook)
ゼロからわかる職業訓練


【関連記事】

【最新】ハローワーク 職業訓練校の種類と講習会情報
【これで安心】職業訓練の志望動機の書き方と面接対策
職業訓練の倍率ってどのくらいなの?